まち再生

アジアのまち再生 住民参加の川づくり−韓国・水原川と日本・源兵衞川

Q.どのような研究をしているのでしょうか?
近年、世界各地で住民参加による川づくりが行われています。かつて、多くの川が住民の生活を支えるものでした。しかし、経済の発展とともに、水質が悪化し、暗渠化するなどして私たちの生活にとって好ましくないものになっていました。これらの事例では、放置され環境が悪化していた川に、住民・専門家・行政の協働により、生物や植物など自然を取り戻し、川辺は市民の憩いの場として、散策やジョギングなどが楽しめる空間として整備されました。
Q.その研究は、未来にどうつながるのですか?
ここでは川づくりの事例を取り上げましたが、その他にもアジアのまち再生事例を研究しています。各地に出向いてまち再生事例を調査したり、海外の研究者との共同研究により、アジアらしいまち再生のあり方を探求しています。

お話を伺ったのは…

山家京子 教授

まち再生コース 
都市計画研究室