まち再生

十日市場駅勢圏のまちづくり 持続可能な住宅づくり

場所:
神奈川県横浜市緑区
研究年:
2017年〜
共同研究者:
上野正也
Q.どのような研究をしているのでしょうか?
横浜市との協定に基づき、環境未来都市「持続可能な住宅地モデルプロジェクト」の一環として、十日市場駅を中心とした郊外住宅地まちづくりを実施しています。地域の魅力を発見・発信する取組みとして、たからものマップ、愛着のある場所とライフスタイルを示す「思い出カード」「生活カード」をワークショップやヒアリングにより作成し、報告書にまとめました。持続可能な郊外住宅地づくりはSDGsの達成に向けた横浜市の取組みに位置づけられています。
Q.その研究は、未来にどうつながるのですか?
住民が住宅地に長く住み続けたいと思うためには、自宅の快適性や地域の利便性だけでなく、愛着のもてる場所が地域に複数あることが重要です。まちづくり活動を通して、そうした場所の発見につながれば良いと考えています。

お話を伺ったのは…

山家京子 教授

まち再生コース 
都市計画研究室