環境

上階からの床衝撃音を大幅に低減 床衝撃音低減のための高性能な遮音二重床

使用されている場所:
集合住宅
担当教員:
安田洋介

日本建築学会奨励賞
神奈川大学学術褒賞

Q.どのような研究をしているのでしょうか?
上階の床への衝撃により下階に音が伝わります。これを床衝撃音といいます。これを低減するため、高い衝撃遮断性能を持つ乾式二重床を産学連携で開発しました(UR都市機構、YAB建築・音響設計との共同研究)。乾式二重床は、支持脚や床下空気層がばねとなって固有振動(ある特定の振動数で大きく振動すること)を起こしますが、内部にヘルムホルツ共鳴器を組み込むことでこれを制御し、床スラブに振動を伝えにくくしています。
Q.その研究は、未来にどうつながるのですか?
集合住宅における騒音の中でも、子供の飛び跳ねなどに起因する重量床衝撃音はトラブルの原因になりやすいです。これを二重床で低減できれば、床スラブが薄く遮音性能の低い古い集合住宅も快適に再利用でき、循環型社会にも貢献できます。

お話を伺ったのは…

安田洋介 教授

環境コース 
音・光環境研究室