構造

大地震に備える 粘弾性ダンパーを用いたアンボンド圧着型PCフレームの動的載荷実験

共同研究者:
島﨑和司、白井佑樹
Q.どのような研究をしているのでしょうか?
プレストレストコンクリート(PC)構造は地震後においても修復することなく継続使用できる可能性が高いと言われている。特にアンボンドタイプでは、損傷が目地部のみにとどまり、継続利用できる可能性が大きい。しかし、エネルギー吸収能力が低いため地震時に変形が大きくなる可能性がある。
そこで、アンボンドPCフレームのみの試験体と粘弾性ダンパーを付加した試験体の動的載荷実験を行い、ダンパーを付加したアンボンドPCフレームの性能評価を行った。
Q.その研究は、未来にどうつながるのですか?
大地震時の後でも継続使用が出来る、新たな建築構法の道が開けた。

お話を伺ったのは…

島﨑和司 教授

構造コース 
新機能型構法研究室