構造

地震災害リスクに備える 常時微動観測を利用したハザードマップの作成

Q.どのような研究をしているのでしょうか?
日本は地震大国です。地震による災害は地盤震動による建物倒壊、火災、液状化、斜面崩壊や津波など色々な原因で発生します。ここでは、最も基本となる地盤震動に起因する地震災害リスクに関する基礎的な研究を行っています。自然の現象として「常時微動」があり、体には感じませんが、地盤や建物は地震の時と同じように常に微振動しています。その微振動を計測し、解析することで地盤の「揺れやすさ」を推定することが可能です。このことを利用して、神奈川県全域の常時微動計測を続け、ハザードマップ(地震被害リスクの予測地図)を作成しています。
Q.その研究は、未来にどうつながるのですか?
地震時の被害に関係する地盤の特性に関しては、構造物を造る際に行われる地盤調査で得られるボーリングデ-タが最も有効ですが、公開されているボーリングデ-タは非常に少なく、また地域的に偏在していて利用するには大変に限定的です。また、地形・地質図では地盤の震動に関する細かい情報を得ることができません。この常時微動を利用する方法では、私達が観測機器を運んで任意の場所で短時間の観測によりデ-タを得ることができます。そのため、地盤情報が少ない地域でも、均質で統一した観測デ-タにより精度が高い情報を得ることができます。このデータを利用して高精度なハザードマップの作成が可能となります。この結果を地域で共有することで、地域住民の災害リスクの認識や、防災意識が高まり、地域防災力が向上することが期待されます。

お話を伺ったのは…

荏本孝久 教授

構造コース 
災害リスクマネジメント研究室