神奈川大学 建築学部

Environment Course 環境コース
建築学系

研究のキーワード

  • 建築環境
  • 建築設備
  • 音環境
  • 光環境
  • 熱環境
  • 空気環境
  • 水環境
  • 地球環境負荷軽減
  • ゼロエネルギー建築
  • 環境共生
  • 自然エネルギー
  • 地球環境と持続的に共存できるシステム
  • 空間の質
  • QOL
  • SDGs
  • 室内音響
  • 騒音制御
  • 数値シミュレーション
  • 生活環境
  • パッシブ手法
  • 環境心理

環境負荷に配慮しつつ、熱、空気、音、光などの要素からなる建築内外の環境を良好に創出する。そのための知識や技術について学びます。

神奈川大学建築学部環境コース イメージ図

建築においては、常に新しい形態と空間の創造に挑戦し続ける一方で、それが生み出す環境の向上にも努めなければなりません。同時に、特に建築設備の分野においては省エネ、資源循環、地球環境負荷削減などの社会的要求に応えていく必要があります。環境コースではこれらを目的とする知識と技術を修得します。

求める人物像

  • エネルギー問題や環境負荷といった地球規模での課題の解決に興味がある人
  • 建築環境を、工学を含む多様な視点から理解したい人
  • 建築を通したQuality of Life(生活の質)の向上に興味がある人
  • 建築内外の環境が人々の生活や文化に及ぼす影響に興味がある人
授業の様子

のぞいてみよう!

Pick UP!
空気調和設備
設計演習 (3年後期)

エアコンなどに代表される空気調和設備の設計演習として、実際の建築物を題材に、設計計算法と設計図面を作成する順序・方法を学び、学生一人一人で実際に設計を行います。理論と実施設計との調和を考慮し、安全性・衛生性・快適性および施工性にも配慮した設計手法を身につけます。最終的な設計図面や計算書は就職活動でも評価が高いようです。

教員紹介

  • 建築環境工学研究室

    岩本靜男 教授

    建築環境工学研究室

    地球環境負荷が限りなくゼロに近い建築をつくる。

    • 建築環境
    • 建築設備
    • 自然エネルギー
    • 地球環境負荷軽減
    • 空間の質
  • 建築環境工学研究室

    傳法谷郁乃 特別助教

    建築環境工学研究室

    衣と住の視点から、生活環境におけるヒトの快適性を探る。

    • 生活環境
    • 被服環境
    • 温熱的快適性
  • 建築設備システム研究室

    奥山博康 教授

    建築設備システム研究室

    快適で健康的な建築・設備システムをつくる。

    • 熱環境
    • 空気環境
    • 水環境
    • 地球環境負荷軽減
    • 環境共生
  • 建築設備システム研究室

    吉浦温雅 特別助教

    建築設備システム研究室

    自然エネルギーを利用する建築的なシステムをつくる。

    • パッシブ手法
    • 自然エネルギー
    • 換気・漏気
  • 音・光環境研究室

    安田洋介 教授

    音・光環境研究室

    空間の質を向上しQuality of Life を高める空間をつくる。

    • 音環境
    • 光環境
    • 室内音響
    • 騒音制御
    • 数値シミュレーション
    • 空間の質
    • QOL
  • 音・光環境研究室

    森長誠 特別助教

    音・光環境研究室

    環境と人との関係性を科学し、居心地の良い空間を創造する。

    • 環境心理
    • 心理音響
    • 音環境評価
  • 建築環境・設備研究室

    芹川真緒 准教授(2022年4月就任予定)

    建築環境・設備研究室

    省エネルギーかつ快適な建築環境・設備をつくる。

    • 建築環境
    • 建築設備
    • 熱環境
    • 地球環境負荷軽減
    • SDGs
    • 数値シミュレーション

卒業後の進路イメージ

  • 建築設備・機器メーカーなどに就職し、専門性を磨く
  • 建設会社やハウスメーカーなどで、専門性を生かしながら活躍する
  • 技術開発を専門とする研究者として、建設会社の技術研究所に進む
  • 大学院に進学し、より実践的な環境の中で、企業との共同研究や学会発表などを通して社会とつながりつつ成長する

卒業生紹介

graduate 01

門田 大

清水建設株式会社

安田 洋介研究室
2013年度大学院修了/私立藤嶺学園藤沢高等学校出身

建設現場における設備工事(衛生・空気調和・電気など)の施工管理を行う。品質の高い建物を施主に引き渡すためにどのような方法・手順が良いのかを常に考えている。

Q.現在の仕事の内容を教えてください
建設現場における設備工事(衛生・空気調和・電気など)の施工管理を行っています。設計図には、建物の完成した姿は描かれていますが、どのように施工するかについては描かれていません。施工者は、限られたコスト・工程で品質・安全を保ちつつ、環境に配慮して施工を行うためにどんな方法・手順が良いのかを考えなくてはなりません。時には施主や設計者に設計仕様の変更・改善の提案も行います。このようにして最終決定した仕様を基に、現場でその通りに施工されているか管理し、品質の高い建物を施主に引き渡すことが私の仕事です。最近担当した現場では、隈研吾建築都市設計事務所がデザイン監修を行っていましたが、デザインイメージ図を基に、何度も打合せを重ね、徐々に仕様を決定して、完成に至るまで本当に様々なアイディアが飛び交いました。このような作り込みこそが施工管理の醍醐味だと思っています。
Q.学生時代の経験・学びで今の仕事に生きていることは何ですか?
建設業は、扱う範囲が本当に幅広い上に、施主の業種も千差万別です。学生時代の経験のほとんどが役に立っていると言っても過言ではありません。その中でも特別なものとしては、ある建物に対して自身で実際に設備設計を行い、施工図(実際に施工する際の基になる物の納まりも踏まえた図面)まで作成するという授業が挙げられます。さらには、エアコンの室内機と室外機を冷媒管でつなぎ冷媒ガスを送り込み、エアコンの試運転まで行うという授業もありました。これらは座学の講義や問題演習と違い、本当に実務に直結するものでした(と後から実感しました)。先生方によると、設備設計をここまでやるのは神奈川大学独自とのことでした。非常にためになりました。
Q.今後の目標を教えてください
さしあたっての目標としては、海外勤務を経験し、人間力をあげたいと思っています。様々な視点からものごとをとらえる力や、困難に直面したときの忍耐強さ、言語の壁がある中でも人にものを伝える力、このような力の底上げを図りたいです。技術力・知識はもちろん必要ですが、結局最前線で建物を作るのは“人”ですから、“人と人のつながり”が最も重要です。そしてゆくゆくは、大勢の人に影響を与える建物の建設に携わりたいと思っています。
Q.高校生へのメッセージ
神奈川大学には、実務に近い独自の授業や充実した実験施設、大きな図書館があります。また熱心に教えてくださる先生方もいらっしゃいます。大学生活で自身が成長する環境はそろっています。あとは自分次第です!頑張ってください!

more

graduate 02

宇田 万里子

西松建設株式会社

岩本 靜男研究室
2017年度卒業/私立朋優学院高等学校出身

電気設備業者からの見積書を精査し、電気設備費用を算出する積算業務に携わる。現場を学び、施工しやすい設計を考えられる設計者になることが目標。

Q.現在の仕事の内容を教えてください
設備の電気積算をしています。営業が入手した案件に対して、電気設備業者からの見積書を精査し、電気設備費用を算出することが主な仕事内容になります。
時には、施工中の現場にパトロールや検査をしに行くこともあり、監理として担当現場の施工計画書や施工要領書といった、施工に必要な書類の確認をすることもあります。
Q.学生時代の経験・学びで今の仕事に生きていることは何ですか?
「給排水衛生設備」や「空調設備」、「建築環境工学及び演習」、「環境システム計画演習」といった科目を通して、機械図面の見方が分かるようになりました。
Q.今後の目標を教えてください
今は積算をしていますが、ゆくゆくは現場の人が施工しやすい設計を考えられる設計者になるべく、現場を学んでいきたいと考えています。
Q.高校生へのメッセージ
大学では、勉強することも大事ですが、人との繋がりも大切にしてほしいと思います。神奈川大学は学生数が多いため、意気投合できる人と出会える可能性は大いにあると思います。大学を卒業して社会人になっても、支え合っていけるような人たちにぜひ出会ってください。

more