「建築学部」2022年4月開設|神奈川大学

神奈川大学 建築学部

ぜんぶ、建築だ。神奈川大学 建築学部 2022年4月開設

例えば、ケーキを食べるなら、あなたは誰と、どんな場所で食べたいですか。
どんな音を聞きながら、どんな景色を見ながら食べたいでしょうか?

ケーキを食べる楽しさとは、ケーキの味や美しさだけではなく、
食べる場所の雰囲気や音、風景、さらにはその場にいる人々の雰囲気に
至るまで、それらぜんぶがつくり上げているのです。

神奈川大学建築学部が考える「建築」とは、いわばこのケーキと
それを取り巻く様々な事柄や空間のように、
人々の暮らしひとつひとつの場面をかたちづくるもの、環境のすべてです。

建物だけではない、あらゆる視点から、人々の暮らしをより豊かで、
楽しく、快適にデザインしていく。そんな「建築」を学ぶ新たな学部が
横浜に誕生します。

建築学部について

2022年4月に向けて、工学部建築学科を母体とした建築学部の新設を構想しています。2つの学系、5つのコースを新たに設置し、プログラム制を導入。社会科学、人文科学、芸術学、人間科学、自然科学、応用科学など幅広い知識を取り込み、より包括的な意味での「建築学」を軸に据えた教育環境をつくります。

建築学系

都市生活学系

文系視点を活かす
「建築学部」の学び

工学に限らず、多様な領域を横断する総合学問としての「建築学」を目指し、
神奈川大学建築学部 都市生活学系は、新たに文系学生を求めます。
充実した学びのために、サポートや入試制度も充実させています。

教員の作品・研究紹介